hikonoir blog

漫画についてあれこれ

不正

f:id:pigweed59:20200519015403j:plain

何とか、風邪治りつつあります。僕の場合、どうも、口から咽頭部にかけて症状が出たり、残ったりします。扁桃腺が腫れ、歯肉炎、口内炎は、ほぼ風邪ひくと毎回ですね。今も口の中に口内炎ができて、イズイですよ。(今、書いて気付きました。いずいは北海道弁みたいですね。)イズイという漢字を探してもワード候補に出てこない、自分でも漢字が解らないし…。説明すると、…ちょっと体に不具合、調子が悪い状態、症状がある場合に使う言葉…。たとえば、目にゴミや出来物があって、違和感、多少の傷みがある時、「目がいずい」と言ったりしますね。

ですから、僕の口の中もそんな感じです。

 

話は変わりますが、最近の僕の漫画のテーマや設定、発想のためにPCのネットを活用。特に、ユーチューブが多いですね。その後、実際に原稿を描く段階では、wikiやHP、ブログなど様々なものを使います。ユーチューブはコメントも参考になるので結構頻繁に見ています。そんな中から自分で納得いくものや、確認できるもの、役に立つものなどを皆さんにも共有できたら良いかなぁって、思います。その方が漫画を読んだときに説得力があり、すんなりと読み進められるんじゃないかと…。

ソースとしては、一般人、霊能者、ヒーラー、チャネラー、小説家、祈祷師、お坊さん、軍人、CIA、FBI、超能力者…それに、これら全てに関連した人達。

今から話す事柄は、科学的に証明、立証できるものは殆ど無いと思いますので、事実や証拠、理論の概念も僕たちが日常使っている物とは全然違っています。ですから、昔、TVでやってた…たけしの何とかっていう番組の、オオツキ?教授だっけ…のような人は、あまり読み進まないほうが良いかと思います。

 

まず、漫画の最大のテーマは「悪」ですよ。それに尽きるんです。そのためにヒーローを登場させ、変身させ、必殺技を考え、裏切り者や、偽善者、弱者を設定していく。そうすることで、ストーリーが展開して行きます。悪が強大であればあるほど物語は佳境に入るんです。じゃあそのためにどんな悪を設定するか…、これが基本で最大の悩みですね。人間にとって何が悪なのか?悪とは?ちょっと哲学的になってきました。でも、これって簡単なようで難しい問題ですよね。たとえば、悪を不正にする。不正をする者が悪人だ、と。でも、不正って?個人レベルでは、おやつを弟の分も自分が食べちゃうってのも不正?人食い族にとっては人肉は食料…。文明国や法治国家では、それは不道徳で不正。不正の設定も地域や文明、文化によって同じ行動なのに不正だったり、そうじゃなかったり…。

あ…、もうこんな時間。書こうと思ったことが全然です~。とりあえず寝ます。