hikonoir blog

漫画についてあれこれ

パラレルワールド

f:id:pigweed59:20200520021954p:plain

いや~…、いつかは出くわすと思っていたんですが、ついさっき出くわしました。

何のことかと申しますと、僕のこの漫画、パラパラ ル モンドのことです。これは、2~3年前に、何も調べずに僕の頭の中で好きに、勝手に、妄想して、それもたかが1~2時間くらいで人物や設定をザッとイメージして描き出したものなんです。その後で、いろいろ付け足して現状に至ってます。

さっき見ていたユーチューブ、オカルト系?なのか…、最近見つけて良く見るようになったんですが、そこで話されてた内容が、僕のパラパラ…とそっくり。

ある視聴者からの投稿で、パラレルワールドに迷い込んだ話でした。もともとパラレルワールドを題材にしようと思って描いた漫画ですが、ここまで同じ思考があるとは…。その投稿者の話は、違う時間軸に行ってしまうというもの。それは、今の自分のいる世界とほぼ変わらなくて、投稿者の友人だけが居ない…というもの。

 

その一連の話のまとめで曰く、時間軸というか、今現在見ている世界は知らない間に書き換わっている。例えば、何か行動したら今起きた結果と違う結果が、一瞬で違う時間軸を持つ世界が生成されて、そこで起きている。その結果が無限に起こり得るので、行動の直後に現れる結果が一つではなく無数の時間軸を持つ、無数の世界に無数に存在するというもの。こうなると、時間そのものがほんとは無く、すべてが起こった後の無数の世界の残像、画像をただ選んで見ている、見せられている…。

ちょっと何を言ってるか理解できない…と、思われる方もいるかもしれませんが、要は人間の認識、意識、実在、存在は何をもって証明するかってことです。確か、胡蝶の夢という逸話が中国にありましたよね。莊子?だったかなぁ…。

すいません、いろいろ書きたいのですがなかなか時間がなくて、分かりやすくアップできていません。明日、仕事終わると連休ですので、最近の流れ、情報をまとめたいと考えています。

 

あ…、いつものことですけど、…期待しないでくださいね。(^^;)