hikonoir blog

漫画についてあれこれ

長い

f:id:pigweed59:20210209001512p:plain

f:id:pigweed59:20210209001531p:plain

お晩です。

これ、今、作業中のコマ。ご覧の通り、演出効果を比較検討しているところです。僕は下段のほうが良いんだけど、もっと陰影を付けようかなぁ…とか、でも、時間無いし…。両方とも、手前の妖精と、後ろの千糊の間にレイヤーが挿入されてます。上は一枚で、円形のものを数個。下は、さらにもう一枚レイヤー追加で放射線を描きました。どちらも発色レイヤー仕様にしました。

 

で、話は変わりますが、ラケルタインタビュー。

ともかく長い。異常に長い。それで、言葉が、レプティリアンの言語、誤謬、概念、感情、想像…が人類と違うので文章が分かりづらい。的確に、適切に言わんがために、言葉が多く、遠回りで、まどろっこしく、意味を汲み取るのが難しい。向こうもそのことがわかっているらしく、人類が理解できないで苦しんでいるのが、自分の説明によるものだとも理解している。

そりゃ仕方ない。双方とも種が違うのだから…。そして、生き方も価値観も文明や科学も違うのだから。

従って、僕もこの動画の全容を知らない。聞き続けてはいるものの、まだ終わらない。パート1から始まって幾つまであるのか?ちらっと飛んでみたらパート6とかって言ってました。僕は、まだパート3です。で、各パートは、また再分割されてて、パート○の1、2、3…とかって続くんです。その最小分割も5で終わったり、4で終わったりまちまちなんです。

 

ただでさえ、解らない内容なのに、各パートが延々続く状態なのでかなりグロッキー状態。多分、英語なので、それも人類に無い言葉なので、人類の英語に相応する近い言葉を探し出して使う、それでも意味が通じないと思う時は、人間にわかるように言葉を作ってたりします。それが、英語から日本語に、さらに翻訳されるんで何を言ってるのかほんど解んないです。

そうは言ってもかなり面白いので、僕の解る範囲でみなさんに伝えようかと思います。

まず重要なことは、この地球は我々人類のものではないということ。人類はたかだか200~300万年前に宇宙人によって遺伝子操作により作られた存在である…だそうです。

…お、ぉお!…。ってか、それより眠い。ひたすら眠い。

漫画あれこれ - にほんブログ村