hikonoir blog

漫画についてあれこれ

ロズウェル事件

f:id:pigweed59:20210519232857p:plain

どうも。

ほんとは、11時半頃から書いてたんですが、更新時間が、…日付が翌日になりそうなので、新しく20日の記事にしようかと思います。

 

皆さんは「ロズウェル事件」ってご存知ですよね。戦後間もなく起きたUFO墜落事故。

宇宙船に乗っていた一人が生き残り、後に回復してインタビューに答えたものです。あまり詳しく調べた訳でないんですが、…っていうのは、もと極秘扱いで、あとあと色んな内部告発、密告、諜報活動、ニセ情報など軍部、政府、国際情勢、宇宙開発…いろいろ絡み合って虚実混交状態で…。

そんななか、マチルダという軍の看護師が宇宙人とテレパシーで会話したという証言があります。

どうやら、その生き残りの宇宙人はマチルダだけに心を開いたようで、彼女に事の次第を話しました。英語はマチルダが教えました。

生き残りの宇宙人は、イービー、イーヴ、EBE…などと呼ばれていますが、マチルダにはエアールと名のっていたようです。僕は複数のマチルダ動画を幾つか見て、分かる範囲でシェアしたいと思います。そして、ラケルタさんの話しとも共通する部分があるので興味深い内容です。

以下、エアールとマチルダの会話の抜粋。(全部は把握できてません。そもそも全て動画で公開されてるのか?削除や更新の関係なのか、散逸されたものもあるようです)

 

エアールは、ドメインという勢力、種族、惑星、地域から来た。

今から10兆年前に星間飛行方法を開発。一万年前から地球にやってきて活動している。

詳しい話しの前に、重要だと思うところを指摘しておきます。

● まず、エアールは厳密には宇宙人では無いということ。

● イズビーという特別な存在。(一応、分かりやすいように存在と言っておきます)

 

エアールって、UFO墜落事故で乗ってた宇宙人のことだろ!なんで、宇宙人じゃないんだ!って、突っ込まれるでしょうね。

まぁ、そんなにムキにならないで…。ちょっと考えてみてよ。10兆年だよ。そんな文明科学ってどんなだか想像できますか?想像ってもね、個人が経験したり、映画や本で知った宇宙人情報でしか想像できないんだよ…。

想像を超えることはできないんですよ。新しい事実の発見以外、想像できませんよね。

つまり、エアールは、ロボットや人形みたいなものなんです。人間が考えるロボットじゃ無いんです。なんせ10兆年ですから…。

 

宇宙飛行を続けるには生命体だと負荷に耐えられないというんです。なるほど、何光年もかけたり、…でも実際はタキオン?推進方法で数ヶ月で来れるらしい…、でも、やはり宇宙空間で飛行となるとさすがに宇宙人でもキツイということらしい。

で、エアールいわく、イズビーをエアールの中にいれてやって来た、ということなんです。

イズビーというのは死なないもの…魂、スピリッツみたいなもののこと。エアールは人形なので、その中にイズビーである自分を入れて地球にやってきた、…ということなのだ。

 

ややこしいですが、解りましたか?

エアールという宇宙人と話しているかと思っていたら、その中に入っている何とかという名前(名前があるかどうか知りません)の宇宙人の魂(イズビー)と、テレパシーで話していると言うわけすよ。

エアールは、俗に言うグレータイプの宇宙人です。あの頭でっかちで、黒のアーモンドアイの…。

他の動画で、このグレータイプの宇宙人を解剖した日本人医師の話しによると、とても弱い肉体。細胞は再生しないで、1000~2000年くらい維持できるようだと…。記憶、記録するための生命体のようだと…。消化器はあるがそれが、食道と繋がってるかどうか、解らない。

だから、エアールは死んだとしても、死んでない…ということになる。エアールはただの殻で、その中にはイズビーとして人格をもった魂が入ってるから、エアールの体から抜け出せばいいだけです。

 

まるで、「ゲゲゲの…」のアニメそのままじゃないですか?

 エアールとの会話で、この2点を押さえておくとあとで、詳しい話しのときに理解の助けとなります。

たったこのことだけの説明で終わってしまいました。

今、気付いたんですが、エアールって言うのはイズビー個人の人格の名前じゃないかな。グレイタイプの宇宙人はEBEということで、ただの人形。そのEBEのなかに入っていたのがエアールというほんとの宇宙人の魂(イズビー)。エアールがいうには、自分はパイロットだという。

 

…もう、2時になりますね。

どうですか?、まだ、マチルダとの会話の中身に入ってませんよ。