hikonoir blog

漫画についてあれこれ

イズビー

f:id:pigweed59:20210524230546p:plain

どうもです。

今日はずっと思案しておりました。

なので、あまり作業が進みませんです。ですが、いつの間にかメディバンペイントのこのファイルのレイヤーが818枚になっていました。

 

右サイドに配置されてるレイヤーウィンドウ。矢印のように818とカウントされてるんです。僕は、だいたい常時10枚程度レイヤーを表示していて、そのうち3~4枚を使って描いてます。

例えばこの場合、顔で818番のレイヤー、その上の817番のレイヤーには作画作業画面の右側にあるごつい左手、その下の下、815番のレイヤーには顔の人物(知染)の顎の下にある彼女の右手。

このようにバラバラに描きます。で、あとで一枚のレイヤーにまとめます。コマごとにその様にまとめ、その後コマ全部をまとめて1ページにします。

また、それら1ページを集め束ねて、小さなグループファイルにします。ですから、818枚になっていても実際、818枚表示されてはいませんし、1~700番代のレイヤーはひとくくりにまとめてあるんです。

 

話しは変わりますが、やはり、マチルダ証言は漫画にしたほうが良い…と考えます。何故かと言うと、このまま科学技術が発展していっても進歩はないと思うので。

みなさんは大本教って、ご存知でしょうか?戦後?戦前?なのかよく解りませんが、僕も最近知ったもんです。詳しくは知りませんが、なかなか面白い発想があって、それは、日本や人間の体に世界の縮図があるという考え。

例えば、耳。確か、胎児が母体に収まってる状態に似ている…とか。足の裏は…何とかに似ている…とか。(何とかって、…すいませんいい加減で)

また、北海道は南北アメリカ大陸、本州はユーラシア大陸、四国はオーストラリア大陸、九州はアフリカ大陸…とか。

 

こういう発想って、言われると「おぉ…」なるほど…って、思いますよね。

僕の考えはちょっと違うけど、少し似ているかもしれません。何かというと、この世は見本、サンプリングされている…という考え。仮想…っていうのとは全く違います。

 

例えば、自分に限らず、人という存在。その人は家庭で生まれます。家庭は、学校のようなもの、学校は町のようなもの、町は都道府県のようなもの、都道府県は国のようなもの、国は世界のようなもの…。

車。タイヤ4つは人の手足、エンジンは心臓、ヘッドライトは目…。

人が作るものは人に似ている。

日本製。コンパクトで長持ち、優れて信頼される。

日本人の特性、きれい好き、治安が良い、身長が小柄なので全てがコンパクト。食生活が良いせいか、世界で寿命が長い国民として有名。

日本人の作るものは日本人を見本にしているよう…な気がする。

 

文明や科学って、発見はあるものの創造するには何か元になるものが無いと…。

チルダ証言って、全部聞くとスペースオペラですよ。でもね、その方法が面白いんです。つまり時があって、いろんな存在の栄枯盛衰がある。この基本は地球も同じ。見本がすでにあるんです。

宇宙自体を見本にして、今の地球世界が作られているんじゃないかと…。

 

僕の実家では、除夜の鐘が無くなりました。日本の伝統がまた一つ無くなりましたが、多分、故意に、ある目的でクレームを入れて日本の伝統を無くしたい勢力の計画かと…。

他にも、伝統を無くす動きがあります。天皇の血筋を変えようとする計画。憲法を変えまいという執拗な勢力…。

別に日本だけじゃないですよ。それぞれの国が栄えようとして、伝統や文化を守り経済活動をしていますが、そのごく当たり前の、自明の理ともいえる生活を壊し、我が物としようとする勢力が、世界各国に攻勢に出てきています。

このことは、人類が文明を築きあげた時からずっと絶え間なく行われています。

みなさんは、歴史を勉強してこれらの事実を見てきました。ローマ帝国軍国主義、世界大戦、冷戦、テロ…。

 

僕が言いたいのは、これら人間の歴史も何かの見本があるってこと…。

チルダ証言を聞いて、腑に落ちた…ように、謎が少し解けました。

旧帝国は、地球を流刑地のようにして、イズビーを地球に閉じ込めた。地球のポルトガル、アフリカ、南米の…どこだったか?に、電子バリヤーが設置されて、イズビーが地球から出ないようにしていた。その装置は今も稼動している。

仕方なく、イズビーは人間が死んだ後も、この地球に留まって、他の肉体に転生させられる。おまけに、転生と同時に過去生も消去されてしまう。

記憶消去装置を破壊しないと、イズビーは自由になれない。しかも、記憶が消されてるので、自分がイズビーであることを忘れている…。

 

ミイラ取りがミイラになる…。まさにこのことが地球に仕掛けられた罠だと思う。

多分、今、僕が書いたことって解らないと思うので、何とか漫画で表現できないものか…と考えてます。

漫画あれこれ - にほんブログ村