hikonoir blog

漫画についてあれこれ

急遽+戻って来ました

f:id:pigweed59:20210917010415p:plain

いつも思うんですけど、写真とか、モデルとか、モティーフとか、風景スケッチとか、目で見ながらそれを画用紙に移すっていう作業…、絵画制作の基本ですよね。

僕もやってましたが、なかなかうまく描けないで練習しましたけど、今やってる漫画よりはるかに楽ですよ。

 

上のイラストはマチルダの写真を見ながら描いてます。いつもは何も見ないで描いてるのではかどります。

 

またまた一旦、ここで、途中下車。

眠くて急遽…。

 

………え、戻ってきました。じつは昨日、例の深夜未明出勤の日でしたので、昨日の午前2時からそのままずっと起きているので、24時間フルで覚醒していると、いうことになります。

え、それで、産土神という神様がいまして、人はすべて自分の生まれた地域に住む神様に守られているというありがたい神様。多くは、一番近くの神社が産土神社になります。僕もよく知らないのですが、産土神社という神社が別にあるわけじゃないみたいです。だって、こんな名前の神社、見たことないでしょ。

 

ともかく、産土神のいらっしゃる神社のことです。だから、正確に知りたければ地域の神社の社務所なり、宮司さんに訊いて自分の産土神社を教えてもらう必要があります。

しかし、一般にはそんなこといちいち訊かないで、自分が生まれた家の一番近くの神社と考える傾向にあります。

そういう事情で、ここにある女性がいまして、自分の生まれた実家のそばにある神社を、産土神社と思いそこに参拝にいきました。

参拝して終わると、突然、「違いますよー」と、どこからか声が聞こえます。その女性は驚いてあたりを見回しますが、自分以外誰もいません。

それに、その声が、何というか、どこからかスピーカーを通して聞こえてくるようなのです。何者かが、放送設備を使って、その女性に向けてマイクを使いスピーカーで屋外に放送しているみたいなのです。

 

女性は不思議な思いをして何のことやら解らず、とりあえずその日は、そのまま神社をあとにしました。そこで、また日を改めて同じ神社に参拝に行きました。

するとまた、「違いますよー」と。自分の周りに声が響き渡ります。

女性は考えました。何が違う?ひょっとして自分が参拝している神社って産土神社ではない?

神社であれば、産土神を祀っているのではないか…。(僕もそう思います)

その女性は自分の母親に、生まれた家を確認しました。確かに自分の実家でした。ただ、…生まれる前に別のところから引っ越して来た…ということが解りました。

 

妊娠何ヶ月か経ってから、その女性の実家となる家に越して来た…ということになります。

 

謎が解けました。その女性は生まれたのは実家ですが、妊娠したのは別の場所であった…ということです。つまり、産土神社は実家のそばの神社ではなくて、妊娠した時に住んでいた、その近くの神社ということです。

自分の産土神社が違っていたんです。それを教えるための「声」だったわけです。

 

この話しは、ユーチューブの山口敏太郎サイトで聞いたものです。一般人の不思議エピソード紹介でやってました。

興味深いですよね。神様は生まれた瞬間より、妊娠した瞬間を把握している…。ひょっとして、人間の受精卵まで確認している?

 

そして何より、今話したエピソードの「声」がスピーカーから流れてきたような声であったこと…。

僕の「ピコーン」もそうです。

f:id:pigweed59:20210916203758j:plain

というわけで、メインイベントです!

 

ハイ!

いいところでCMじゃなかった…しゅいみーん…です。だって24時間以上起きてますから、さすがにもう無理。