hikonoir blog

漫画についてあれこれ

廊下に…

f:id:pigweed59:20210916203758j:plain

おはよう御座います。

そういうわけで、本題。

昨日、深夜早朝勤務で午前2時頃起床。お仕事行くための身支度しつつも、ブログやイラストのチェック。その時、窓の外で「ピコーン…」が流れました。『お!この時間、今日、聞こえたのは久しぶり』って思ったんです。

最近ピコーンは、特に頻繁ってわけでも無い。かと言って、全然聞こえないって言うわけでもないんです。

 

多分、いつも外から聞こえるので…。ほら、もうここは秋ですから窓はほとんど夜締め切ってます。そうすると、外から聞こえる物音は室内に入ってきません。だから、ピコーンもあまり聞こえない…って言うことです。

で、昨日は窓のそばにいて、たまたまヘッドホンを外していたから聞こえたのかと…。

午前3時頃、丑三つ時も過ぎた頃にピコーン…。

 

いまだに、このピコーンってよく解んないんです。だから、やっぱりどこかにスピーカーや、拡声設備があって、誰かが操作、あるいはセンサーによる作動があって流れている…そう考えたりもします。

そして、ピコーンのあとに必ず何事か話す…んですよね。聞き取れませんけど。よく聞くと、そのメッセージは、2~3の言葉で1~2秒で終わる時もあれば、数個の言葉を話して4~5秒かかる時もある…。

 

つまり、話す内容が何種類かあるんです。そして、ここが重要なんですが、絶対何を言ってるか解らない…ということ。女の人が喋ってるのは解ります。でも…モアモア、ゴニョゴニョ、モゴモゴ…状態になってます。

ピコーンはいつもハッキリ。そうですねぇ…電話の着信音くらいハッキリ確実に聞こえます。

このピコーンは最初からまったく変化なし。このことがあってから、身の回りで何に一番似ているか…比較して考察しているのですが、これといったサンプルが…誰でもよく解る、すぐ想像つくパターンといったら…。

部屋に来客を知らせるチャイムや、学校の校内放送の呼び出しに使われるものの中、高音のもので、「リンゴーン…」みたいなゆっくり鳴るタイプではないんです。

もう少し正確に書くと、ピンコーン…一瞬小さく「ン」がはいる感じですかね…。金属系の音じゃなくて、機械音ですね。デジタルよりアナログっぽい、ちょっと一昔からあるような音。

 

最初はエコーはほとんどかかってませんでしたが、たまにかかることがあります。少し前に聞こえた時は、風呂場できくようなエコーが全体にかかってました。

何か、それを聞いた時は、『…ん?やっぱりどこか広い屋外施設、野球場や学校のグラウンドで何か放送してるのかな?』って思いました。ほんと壮大なスケールを想像しました。

でも、あのピコーンはすぐそれだと気付きました。…僕の日常では、あまり他では聞きませんから。ってか、もういつものピコーンで間違いありません。なのに、なんでこんなにエコーが?

それも日中の真っ昼間、職場の外で…。

 

そんなこともあって、昨日、仕事に行く身支度の時に聞いて、『また、やってるな…』くらいに感じました。いつもそうですが、聞こえても不思議な感じがするだけで、特に嫌な気もしません。

霊障のようなものもなかったから、気に障るような出来事でも無くなってました。

それで、昨日は午前3時ということもあって、やっぱ、時間帯が時間帯なだけあって…。そりゃちょっとは…ね。ま、でも気を取り直して、顔洗ったりして、そのことはすぐ忘れました。

 

で、仕事に行く時間になったのでドアを開けて自分の部屋から廊下に出たら…。

上のようなことに…なりました。

 

みなさーん、どうですか?

もし、皆さん、あなた自身がこういう目にあったら…。