hikonoir blog

漫画についてあれこれ

見返り美人

f:id:pigweed59:20211207013938p:plain

どうも。

上のイラスト・カットご覧になってどう思います?

うまいとか下手とかじゃなくて、カメラ目線に見えます?要は、見ている人と視線が合ってるか?…ってことです。

自然と絵の彼女とアイコンタクトできてるか?ってこと。

できてると感じる人がいるのであれば、この絵を描いた僕は、その意図をほぼクリアしています。

 

改めて思うと、この構図って、あの見返り美人そのものですよね。意識下にあったのか…そうとは知らずに使っている事実。

ちょいとまえにも同じ様な構図で描いている…。

確か菱川師宣?違ってたらゴメンナサイ。浮世絵でありますよ。その絵の投射かオマージュか…。僕はそんなこと知らずに、ただ無心に描いてたら、たまたまこうなった…というだけ。

 

今は、目の瞳も大きくして表現できますが、江戸時代など、今風のデフォルメなんて出来るわけないし、…それでも、何故かみんな見たがる見返り美人

僕は、どうも下向き加減のほうが好きみたいです。で、横顔。それも、真横よりも背中が見えるほうが好き…。

結果、上のようなポーズになります。

これは多分、日本人だけの美意識かも知れませんね。うなじとか、少しほつれた髪型が何とも…。

 

これって、吉田兼好法師も言及してたような…。確か、こう…んん…不完全、ほころび、若干荒れている…、ほんの一部壊れている…、そういうのが良い…みたいな。

覚えてるのは、本、草紙の背表紙。当時は糸で綴じていました。その背表紙の糸がほつれているのを、兼好は好気と美意識と「あわれ」を持っておだやかに眺めている…。

わびさびにも通じるのだろうか?

だが、なんとなく解るような気もしますね。

遺跡や廃屋にちょっとしたロマンを感じるのに似ているかも…ですね。

 

話しがだいぶズレましたが、このポーズはアニメを見ていて『おっ!』『何?このポーズ』

…かなり印象的でした。

 

…え、寝てました。

なので、これよりベッドへ直行。

では。

あす(今日)はお仕事、お休みです。^o^