hikonoir blog

漫画についてあれこれ

持続

f:id:pigweed59:20210110005102j:plain

どうも。昨日はいきなりアップして寝てしまいました。

 

起承転結というものがあります。鉄則というものでもありませんが、ストーリー展開の見本のようなものです。僕はせっかちなので、話が進まないとすぐ見るの断念します。だいたい始まって15~20分くらいで何も起きなかったら、プチッ…とストップ。最初に伏線張るのに何人か登場して意味不明な行動を見せたり、前兆や予兆みたいなものをみせてただ事じゃない事態になる不安や期待感を膨らませます。

大作になると、登場人物を紹介するのに20~30分使っちゃいます。時代背景や住んでる環境、生い立ち、仕事や人生の悩み、性格や確執など事細かに説明します。それらを興味をもって楽しく見ていられれば良いのですが、…僕は飽きちゃいます。僕の場合だと、せいぜい5分くらいが限界。ま、好きな俳優だったり、映像がきれいだったり、演出が飽きさせなければ、もう少しは見ていられるでしょう。

 

この映画なんか、なんの説明も無し。ジェイソンが何者で何をしている人とか、結婚してるのか、ここどこ?とか…。何もなく突然注射を打たれる。もうそれで、観てる人は「え?」ちょちょ…ちょっと、どうした?何で?いきなりかよぉ!

という感じで引き込まれるんですよ。演出ですね。この時点で、『これはひょっとして面白い映画かも…』と期待します。ストーリーと演出が冒頭から冴えてます。堅苦しく考えないで、ツッコミなんてテンション下げるようなことなんでするんでしょう。

昔話や民話、童話にツッコミなんかしませんよね。嘘、虚偽、捏造を楽しむんです。

…僕の漫画もそうだと良いんですが。

 

イムリミット設定ってのも、盛り上げる演出の一つですね。ただ今回の場合は、すぐ死んでもおかしくない状況。だから、解毒剤より効き目を遅らせるという作戦だと、あまりタイムリミットは意味合いが薄くなります。

今のところ快調に描いてますが、この先どこまで持続しますか…。

…では。