hikonoir blog

漫画についてあれこれ

コメント

f:id:pigweed59:20210615195330j:plain

さっきまで、アマゾンで映画観てました。

自分では面白かったんですが、一応、参考のためにみんなのコメントを拝見。これも、一応、必ず低評価もチェック。たまに、まっとうな批判があるので、話しを作る僕も興味があるんです。

しかしながら、だいたいまともなコメントが無い。

僕もコメント書きますが、他の人が判断するに足るように配慮しています。

それに引き換え、低評価のコメントは酷い。

コメント欄で、他者のコメントを批判するのはあまりしたくは無いので、ここで不満を述べます。

 

映画の評論を正しくするって、かなり考えるものです。

低評価の理由。ストーリーが良くある設定、テーマで飽きている。

突拍子もない出来事で、普通、ありえないので馬鹿らしくて観れない。

細かい条件や設定が、自分の知っているものと違い、映画では、間違って使われているので、嘘や捏造を映画で観るのは馬鹿らしい。

 

ほとんどがこれです。

じゃあ、突拍子もなく普通のありえるストーリーなら良いのか?

そうすると今度は、良くある日常なのでつまらない…と、こう言うんですよね。

じゃあどうすれば良いの?

それを考えるのが映画製作者だろう!って怒るんですよね。

 

自分の知ってる知識を総動員して、ここが違う、あんなふうに使わない、あんなふうに壊れない、あんな威力無い、原作と違う、そういう理論は聞いたことが無い、ああいう行動はしない…。

あんた偉い経営者?熟練職人?エリート社員?諜報員?スポーツ選手?どこの学者さん?

たまったもんじゃないよ。僕の漫画では、コメントほとんどないから良いけど、もしこいうコメントばかりなら困りますよね。

こういう批判する人って、じゃあ、浦島太郎や桃太郎なんて馬鹿らしくて聞いてられなかった?

子供のころは突っ込むことなんてしないで、素直に話しをワクワクしながら聞いていたんじゃない?

大人になるって、こういう風になっちゃうんですよね。僕もそういう批判をしていた時期があるので解ります。でも今は、自分で話しを作るので、そういうコメントは絶対しません。

確かに、目に余る解釈や条件設定はあります。でも、最低、映画を作っているわけで…。

 

段々、自己弁護になってきました…。なので、ここら辺でいったん…。