hikonoir blog

漫画についてあれこれ

撤回

f:id:pigweed59:20190907153735j:plain

f:id:pigweed59:20190907153759j:plain

ハイ。改めて、先程の記事は撤回ということで…。

 

ええと、それで…。そうそう、映画なんですけど、アニメ映画じゃなくて、普通の生身の人間が演技するわけで、一応総合芸術の一番上に位置するとおもうんです。脚本、演劇、音楽、俳優と、大雑把にいうとこれらの総合が映画ですよね。

でも、漫画って結構、映画の次の次あたりに来るんじゃないかなって。ま、僕の意見ですから。アニメよりは下かも…。だって、音楽と肉声が無いからね。でも、それなりに画風を活かせばアニメとどっこいの勝負になるかもしれない。

 

まず、アニメ。漫画では不可能な肉声、つまり声優さんっていうのが優れている点だけど、逆に欠点にもなり得る。声優が下手ならもうお終い。そして、他にもいろんな作品に出ている。それが視聴者、ファンの納得する作品なら良いが、作品として品位の欠けるものや、道徳的に問題のあるものだとするとちょっと厄介だ。

そして、映画における俳優もしかり。加えて歳をとる。もう若いころの演技はできない。歳相応ということになるが、やはり見た目が…、特に女優さん。

まぁ、あとは音楽だけど、これも音楽担当で作品の良し悪しが決まることも。みなさんも思い浮かぶところだと、スターウォーズやロッキーなんかがそうでしょ。これなしには観れない。これも漫画には不可能。

 

いろいろ書きましたが、漫画も映画に習って作ろうかと考えてます。詳しい話しは、また…。

 

漫画あれこれ - にほんブログ村