hikonoir blog

漫画についてあれこれ

ジーザス・クライスト

f:id:pigweed59:20201124235743j:plain

お晩です。

何かもう11ページになっちゃいました。

…どうしょうか。すでにだいぶ内容カットしているんですけど。ユングフロイトの確執と学説。コンプレックスとヒステリー。確か…、ユングがコンプレックスだったような気がする。両者ともそれぞれが、この研究が専門で有名。なんだけど、深層心理の道を作ってそこに進んでいったユングフロイトは心理学そのものを立ち上げたお医者さん。

リビドー、イルマの注射、夢判断…これらがフロイトシンクロニシティ因果律、オカルト、民俗学…これらがユング。そんな、ユング民俗学者達と研究したのがトリックスター。僕は特に心理学を学んだとか、勉強したこともないんだけど、ただ、ただ、…『サイコ』という映画があって、このサイコ…って言葉が子供心にも何か引っかかって、いつの間にか頭の隅にこっそり隠すように置いた。

『サイコ』が心理学のサイコロジーと関係してると解ったのが高校か大学の時。サイコロジーギリシャ神話のプシュケーの英語読みと解ったのが社会人になってから…。

ある神が夜な夜な天界から人間界に降りてきて、自分の奥さんのベッドにするっと潜り込む…。目をあけてはいけない、見てはいけない…。奥さんはプシュケーで、一体どんな獣か魔神か、怖くて震えつつも愛し合う…。このエロティックで不可解で、怖くて畏怖してしまう…なんとも言えない微妙な女の性と、神と人間の夜だけの肉体関係。

このプシュケーと神の夜這い(なんとも下世話な言葉ですいません)、どこか、というか、かなり『美女と野獣』にそっくりじゃないですか…。

 

おっと…、だいぶ話がずれてしまいました。…まぁ、こんな話もれお子で取り上げたかったんだけど無理です。で、上の原稿の続きに、『ジーザス・クライスト・トリックスター』を取り上げようかと思ってたんだけど…。もう11ページ…。ご存知筒井康隆氏の戯曲本のタイトルです。実際公演もしていましたね。

知ってる人は知っている、『ジーザス・クライスト・スーパースター』という演劇ミュージカル、同名映画のパロディですね。さすがですね。発想がトリックスター

これを僕の漫画で取り上げたら、あと何ページ描くことになるやら…。

 

この記事もかなり長くなりましたので、そろそろ寝ようかと思います。

床について、布団をかぶりながら次のページを構想します。…すると、不思議とすぐに熟睡できます。

最近、『ジーザス・クライスト・スーパースター』の「私はイエスが分からない」だったかなぁ…、という楽曲が頭の中でなっています。何十年ぶりでしょうか…。