hikonoir blog

漫画についてあれこれ

退行催眠療法

f:id:pigweed59:20220111021722p:plain

どうも…、お晩です。

絵を描くと、まず、自分に似てきます。何故って、一番鏡の前で顔を見ているから…。普通に自然と自分と似た顔を描いてしまう。自分の顔を熟知しているので、目鼻の位置や形が無意識に、当然のように自分のパーツを描いてしまう…。

そのことに気付いたら、今度は自分の好きな人を描いてしまう。好きな人の顔ばかり思い浮かべてると、もうとっくにその人の写真など見なくても、…絵に描ける。

そのことに気付いたら、次は?自分の嗜好の範囲を徐々に広げていく。

映画やアニメのキャラクターから自分の好みを見つけ、それを描いてしまう。二次創作なんてのもありますね。この段階になると、自分と同じ嗜好の者も寄ってきます。類は友を呼ぶ…ですよ。

そのことに気付いたら、次は?自分の嗜好の根源に突き進む…。それは過去の記憶…。子供の頃に会った人物が好きだった…。強い影響を受けた…。思い出とノスタルジーが嗜好を強めてる…。

そのことに気付いたら、だんだん過去に遡って、嗜好の真の理由…何故好きなんだろう?という疑問がだんだん大きくなっていきます。

それでも描き続ける…。

 

諦めることもなく、延々と描く…。そのこだわり 、情熱、根源を見極めたいという思い…。

まぁ、これは僕の想像ですが、それは…前世。

結局、僕の作品のテーマになってる、転生に行き着く…。

 

霊能者やお坊さんも前世について語ってます。10や20くらい転生してる。新規で、転生してない人もいいる。

いつか浄化されて天国に…。転生を辞めて神になる…。いろいろです。

ただ、共通してるのは、同じような嗜好をもっている、ということ。

 

前世で医者だった人は転生しても医者をしてる。前世で農民だった人は現世でも、やっぱり農民だったりする。もちろん違う場合もあります。絶対じゃありませんが、大半は同じことを繰り返す…習性、慣習のようなもの?

チルダもそうだったようです。

彼女は米国の陸軍衛生班で看護師をしていました。後に自分が転生して地球にやって来たことが判明。もとの星でもやっぱり、看護師をやっていたと…。そのことを思い出した彼女は、『…だって、この仕事が好きなんです』と、……。

 

宇宙をまたいで転生しても、その人の嗜好は変わらない。

だとすると、僕が絵を描く、女の子ばかり執拗に描くのは?転生ばかり考えるのは?

 

退行催眠療法

ネットで、動画を見て前世が解るようです。^^;

僕は解りませんでした。きっと、それなりの専門的な施術が必要かもしれませんね。

ま、とりあえず寝ます。