hikonoir blog

漫画についてあれこれ

非公開

f:id:pigweed59:20200625181925p:plain

どうも。

えぇっと、上のスクショ、ジャンプルーキーの投稿画面です。おとついだったかな、暇だったので興味半分で問題の鮫漫画を投稿してみました。今日のお昼頃までは読めたんですが、ご覧の通り、ジャンプ出版社側が非公開に設定。

別に良いんですが…何か読者が可愛そうというか、やっぱり何でも好きに読めるわけじゃないんだな…っていう感想。僕は著作権等は詳しくないんですが、他のサイトでは読めてジャンプでは読めないということで、そんなまちまちで各社による解釈で情報を隠蔽したり、削除したりできるんですね。

運営会社が決定権を持つものだから仕方ありません。ある意味、オリジナルの映画を守っているとも言える…。しかし、逆にこの映画の宣伝にもなるのでオリジナル映画製作側としては黙認…ということもありえます。

そしてこの僕にしても、少年ジャンプという集〇社に対する認識も幾分ハッキリしました。以前、漫画サイト「マンガごちゃ」でも削除されたと書きましたが、この集〇社が2件目になりました。その後まもなく「マンガごちゃ」は運営を停止して、今はサイト自体ありません。

ジャンプルーキーはさすがに大手なので、無くなることはないですが、この僕の鮫漫画が読める漫画専門サイトは「マンガハック」だけになりました。あと、イラストサイトのピクシブとチナミは何の心配もなく読めます。

 

僕自身、集〇社のやり方に不満はありません。不当とも思いません。ただ…、ネットが普及して音楽、映像、文章などの著作権やパテントの法的強制力を従来とおり守るのが、正しい…とは言えなくなっているような気もします。パソコンで従来の音楽の音源をデジタルで流す時も、何かミュージシャンや音楽業界からクレームあったりして…。でも、今ではどうですか?

なんかさ、こんな僕のしょうもない鮫漫画を非公開にしたところで『それで、なんなの?』って言うのが正直なところ。こんなこと言うのもなんだけど、他の作品がただ、オリジナルというだけで、それだって疑わしい(自分で盗用したと言わないだけで)のに、堂々と公開されている。

他の国のことは引き合いに出したくないが、個人の情報や著作権などお構いなしにコピー、盗用、改変しているところもあるのはご存知でしょう?いくら訴訟しても勝てないし…。ジャンプルーキーのここ2日間の読者はかろうじて読めたのに、今日の午後から読めないという状況についてなんら説明無いと思います。ま、僕は痛くもカユクもないんで…。

 

みなさんは、どう思いますか?表現の自由とは?僕の鮫漫画ってそんなに社会的に、公共のモラルに反してますか?

これからの漫画制作に役立ちます。