hikonoir blog

漫画についてあれこれ

くるみ割り人形

f:id:pigweed59:20201018082833j:plain

お早うございます。

相変わらずゼロ行進かと思いきや、一昨日?だったかおひとり様閲覧ありました。

何せほとんど誰もこなくなったので、最新記事更新にも気分が乗りません。とは言え、まだ止めるつもりはないので…。こんな感じでやっていくしかない…か。

 

僕の漫画のなかで一番読まれているのは「れお子」シリーズ。ピクシブだと9000超えの閲覧。ブックマークやいいねもダントツなんです。

上の原稿が最新ですが、パターンは最初の頃と変わりません。線画というか描線のみで、必要な時以外着色はほとんどありません。コマ枠無し、横書き台詞でアルファベットも多様します。見てのとおり、文字多すぎです。わざとです。普通の漫画じゃできないことをやってます。

いつも書いてますが、レオタード姿である必要はただ、面倒だからです。いちいち服描くの時間かかるので簡単な姿形は…、と考えてると子供なんだからスカートやワンピースよりもっと単純なものは…レオタードでいいや!っというわけです。

最初は四コマ漫画を意識してたんですが、初回で面倒になりコマ枠無しに移行。ストーリー展開も考えるの面倒なのでやめました。ただ、登場人物少ないことに気づいてアニキを出しました。これは、二回目か三回目のできごと。

ライオン登場も適当です。れお子のレオはライオンなので、その話をしているうち『そうか…、じゃライオン出してみよう』みたいな感じでした。

最近は、れお子のレオタード姿のイラストも人気。このあいだアップした作品は、ピクシブで200超えてます。短期でこれだけの数字は久しぶりです。

 

自分でも、れお子シリーズは勉強になりますね。民族や文化、歴史、古今東西の事件や人物…。結局、日本人とはどういう人達なの?に行きつくように進めているつもりですが、はたしてどう受け止められているか?

 

あ、そうそう前回のナットロッカーはくるみ割り人形のことですよ。ナットはナッツ(木の実…くるみ)で、ロッカーは打ち砕く…クルミの殻を粉砕する手のひらサイズの道具で、多くは兵隊の形をしています。

チャイコフスキーの楽曲で有名。出だしのナットロッカーも良い曲ですが、次の次?だったか、例の「花のワルツ」はもう最高。このバレエにでてくる人物に僕はハーメルンの笛吹き男を垣間見るんです。