hikonoir blog

漫画についてあれこれ

きつね

f:id:pigweed59:20210815175346p:plain

f:id:pigweed59:20210815175417p:plain

どうも…。

今回は、さすがに自分でもあり得ないと思います。

何がって…。…それが解ればこんな話しをする必要もないんです。

 

今日の早朝、例のごとく、午前3時15分頃、お仕事の出勤で自宅を出て、チャリに乗って職場へ向かっていました。

いつぞやの霊体と遭遇した歩道は避けて、車道のど真ん中をひたすら走ってました。左側の歩道の、その奥…というか、歩道を越えて左側はずうっとだだっ広い駐車場なんです。かなり広い。野球場一つくらいすっぽりみたいな感じですよ。

工場の敷地内ということで柵…あったかな?、ちょっと路面より高くなってるのな?…ま、それらしく区切っているんです。でも、壁があるわけじゃなし、まるっきり丸わかり状態です。

 

車道を走ってたのに、ふと…、何となく、イヤ、…何か微かに感じたような…。ん~…人の気配って言う訳じゃない…、そこまでの感じでは無いんだけど、でも、何かの生き物の雰囲気みたいな気配、動物?

よくわからないまま、何気にそちらの方をみたんですよ。

あ~っ…、なんでそっちの方を見たんだろ?何も気付かずに職場に行けば良いものを!

 

そのだだっ広い駐車場の真ん中に何か居るんです。

『あぁ、なんだ犬か…』

 

そう思って何事もなく走り続けていたんです。

『……い、犬?』?犬か?…さっきの。

犬って、シルエットになっても、どこか可愛い雰囲気を出してるだろ?尻尾がクルってなってたり…。よく動く…。

さっきの…、じっと動かないで、地面に伏せってたような形に見えた。犬しちゃあ大きい。大型の犬?

脚…長いんだよなぁ。なんでだ?犬の脚って、数字の9や英語のgみたいな形でしょ。猫やほかの動物も…。でも、さっきの違ってた…。

 

自慢じゃ有りませんが、視力は弱いですが、形や物の構造を捉える能力は人よりあると自負しております。そうじゃなきゃ絵なんか描いてませんよ。絵を描くってのは、頭の中にカメラとフィルムを備えているみたいなもん。

目で捉えたものを一瞬で、記憶して構図に置き換えて頭にしまっておく。で、描く時にそれらを出してきて絵にするんです。僕の場合はそうです。だから、なんでもよーく見る。

 

そんな僕が、犬らしき物を深夜の早朝、未明の午前3時15分ころ、野球場一つありそうな大きさの駐車場で見た、…というんです。今どき野良犬?正直すでに札幌市内の住宅街(ここは、鉄工団地で住宅街ではありませんが…)に野良犬が居なくなって10年や20年は経つんじゃ…。

 

あとは、北キツネ。これかな。夜行性だし。でもねぇ、僕の住んでるところ、近辺で狐を見たって聞いたこと無い…。けど、否定できません。

僕は狐ということにしてます。(^^;)

 

明日も深夜勤務なので、もう寝ます。もし、また居たら…面白いですね。では。