hikonoir blog

漫画についてあれこれ

永遠

f:id:pigweed59:20211010002626j:plain

お晩でございます。

下描きですが、こんな感じで行こうかと…。

あまり…っていうか、ほとんど時代考証、お国柄考証(?)はしておりませんので…。突っ込まないでくださいね。

 

そういう僕も映画やアニメを見ていて、つい突っ込んだりしちゃいますが、我に返って反省することしきりです。

だって、…例えば、浦島太郎の話だと、冒頭…亀をイジメているところを太郎が助ける…ですが、突っ込むんなら、亀を何故イジメる?助けたお礼って…亀ができるのか?

竜宮城がどこにある?

そんなこと言っちゃあなにも話は進みませんね。

 

突っ込んでしまうと全て夢が崩れ去ってしまうんですよ。突っ込むことは良いと思いますが、そこそこ気を使わないと話が台無しになるので注意しましょう。

他の人が突っ込んでいるのを見ると、『なるほど!たしかにヤリ過ぎ』とか参考になる場合もありますが、多くは、そんなこといちいち突っ込むなよ…。しらける。…ということにもなりますので、みなさんも気をつけましょう。

 

で、話を戻します。

できるだけ、早くアップして、更新していこうと思ってます。

ですが、本をそのまま漫画にするので、枚数がかなりの数になると思います。それは仕方のないことで、僕も彼女達の会話を尊重してますから、短縮したり簡略化したりしようとは思いません。

 

この漫画の他に、マチルダが自分の記憶と過去、前世を思い出すための戦い、試練を描くスペース・オペラを構想してます。そっちのほうは、僕がストーリーを創作していきます。

ですからこの漫画は、そのスペース・オペラ作品のための予備資料という位置づけになるのかな…?

ま、ともかく、いろいろ描きたいテーマができたってことです。^.^

 

今回、こういう状況というか、創作目標というか…結果的にこうなったのは必然だったのかなぁ…と。

倫理的、道徳的、哲学的、宗教的にもタブーだった「死」の意義を、僕は意味のないものにしようとしている…そう思うんです。かなりの躊躇と迷いがありますね。

端的に言うと、生きることも死ぬこともたいして意味が無い…ってことになっちゃうんです。

死ぬことも無いし、老いても、病気になっても、お金が無くても…別に困らないし、大切でもない…。そうなっちゃうんです。

ですが、それじゃあ駄目ですよね。

だから、僕はエアールに訊きたい。永遠に存在して、尚且、生きることも無意味にならない「生き方」?ってあるのだろうか?

多分、あるからこそ、エアールは生きてる…。感情も価値観も仕事もある…。僕等とほとんど変わらない…。何兆年も生きてて、僕等と共有できる感情がある。

僕はそういうとこが解らない。

きっと。永遠ということが想像の世界だからだと思う。

僕等は、死ぬことによって生を定義づける。それしか方法はありません。必ず死にますから…。

ところが、永遠に死なない…となると、生きるとは?…ってなるでしょ?

肉体や感情、記憶…様々な価値あるもの。善、愛…神も、価値などない…。そうならない?

 

 

僕等は死とともに生きてきたので、そうじゃない場合にはどうしたらいいか全く解らない。

無神論者にしても、死を前提にしてるでしょ。今まで誰も触れなかった事柄ですよ。不老不死は語り続けているけれど、それが実現した後は?

生まれないで、転生を繰り返す…。永遠に…。

みんな、実は、生まれてない、ってことになるんですよ。恐ろしいけど、どう考えたらいいんでしょうかね。

僕の言ってることが解らないと思います。

そのための、マチルダとエアールのインタビュー会話なんです。

これから描いていきますが、一緒に考えても良いんじゃないかな…。きっと面白いと思います。

 

現段階で、映画や小説では、不老不死の達成のあとは、逆に虚しくなって死ぬことを願うようになる…。ほとんどがこのオチ。だから不老不死は馬鹿らしい妄想で、そんなことを考えないで、普通に善良に生きて働け、そして老いて死ぬんだよ…。それで良いじゃないか。それこそが正しい…。

だが、もし全てが仕組まれているとしたら?

 

宇宙人コンタクティなどの話では、宇宙人には様々なタイプがいるらしい。

以前話した4タイプ。他に惑星で分けるみたいです。

酸素系、水素系、炭素系…。

一番弱く寿命が短いのが酸素系だそうです。星間航行に一番不向き…らしいです。

リスカ君は火星人の前世。彼によると火星人は二酸化炭素を呼吸しています。

誰かは忘れましたが、水素系…水素を呼吸しているタイプは寿命も長い?と言ってました。

 

僕が言いたいのは地球に合わせて人間が造られた…。それで、酸素系に適合され、寿命も酸素系に従って120くらいに設定された…?

筋肉や脳と酸素、エネルギー、食料に遺伝子、資源、重力など次から次へと設定され条件が設けられて我々が造られた…。

そして、永遠の存在であるという証拠を全て消され、死を受け入れ生きていく。

そういうとんでもないことを、エアールは言ってるんです。

チルダのインタビューからこれらのことを読みとってくれると面白いと思います。

 

では…、今日はここらへんで。