hikonoir blog

漫画についてあれこれ

粘着

f:id:pigweed59:20200229063843p:plain

お早う御座います。

 

上のスクリーンショットピクシブのアクセス閲覧状況の画面の一部です。一日を6時間ごとに4回に分けて表示。小さいですけど、24日の最終18~24時の棒グラフ、赤色の幅が著しいですね。同様に、28日の0~6時の棒グラフも赤色の幅が顕著です。棒グラフの上に黒地枠に詳細が表示されてます。それぞれ赤色が女子、青色が男子、緑色が不明となってます。28日の0~6時という深夜から早朝にかけて55回もの女子からアクセスがあったということです。24日も女子47?だったかな、…結構な数字です。

今まで女子がかたまって閲覧しにくるといっても、せいぜい20~30くらいだったんです。それが約倍近くくるとは、ちょっと初めてかもしれません。それも、2日おいて間隔も直近です。何を閲覧しに来たかは残念ながら分かりません。ただ一番最近にアップした例の外人レオタード、このブログにもアップしたものは22日の0時です。

 

皆さんには、あまり興味の無いことですが、僕にはちょっと興味深いできごとなんです。特に時間帯。6時間という幅はありますが、24、28日の両方とも深夜0時前後が共通しています。想像ですが、0時頃に女子が集中して僕の何らかの作品を閲覧しにきたのかもしれない、ということです。一体深夜に女子がたいきょして押し寄せる理由は何なのか?それも2回。ん~、全く分かりません。ただの偶然かと思いますが…。

 

ま、いずれにせよ僕の作品を見に来てくれるのは喜ばしいことです。上のグラフをパッと見たら誰でも分かりますが、圧倒的に男子が閲覧しています。ですから、女子が見に来てくれるのはほんとに嬉しいんです。

f:id:pigweed59:20200229081624j:plain

それで、今また新しい原稿ページを作って話を進めています。…で、考えてたんですが、この子、一応外人にしています。なので、逆に、日本人の特性は?ということに思い至ったわけですよ。これは僕独自の思考ですから、まぁ…ほどほどに付き合ってください。

結論からいうと粘着好きということ…ですかね。粘着気質というわけじゃなくて、粘着質のものが好き、ということです。例えば、納豆。嫌いな人もいるけど日本人なら納豆は知っている。代表的なのはご飯。納豆ほどでは無いけど、よく見ると粒同士がくっついてる。パラパラ粒が別れない。パン。CMなんかでよくやってるけど食パンをちぎってみせてモッチリ、ボンドのように伸びる生地を美味しそうに見せてますね。モッチリが出てきたので、そのものの餅。おしるこ、雑煮、団子、大福、まんじゅう…何かと餅を食ってます。野菜のオクラ、ジュンサイ、トロロ芋に飽き足らず、料理にとろみを付けちゃう。中華系の麻婆豆腐、あんかけ、カレーやシチュー…。

粘着から、とろとろ、チャポチャポ、プヨプヨ、ポヨポヨ、ビヨーン、クチュクチュ…など、範囲を広げるとすごい色々な食べ物や料理があります。どれも硬い固体より粘土、泥、ゲル状…といった水分を含み弾力性、柔軟性、連鎖連結性といった特徴があると思うんです。これは、食べ物に限らず住居、雑貨、道具に木を使うのも、こじつけがましいけど一理あるんじゃないかな。もちろんそういう環境ってのもあるけど、石より木のほうが柔軟で弾力がありますよね。

 

粘着質の人って、あんまりよくない性格として言われます。それとは別に日本語も結構、粘着性あるかなって思います。先にあげたチャポチャポ…などのオノマトペ。なにも繰り返さなくても…だけど、しつこく繰り返したくなる。そのほうが良いんです。音感的にも心地よい。文法も最後に動詞がくる…。最後まで言わんとすることをひきづるようにして、結論を先延ばすようになってます。このブログでも前に書きましたが、「さよなら」なんてのも、もとは、『左様であれば…』、『左様ならば…』、そうであれば…ですよね。全く別れじゃないんです。お互い別れようとして言うのが『…そうであれば、…』、相手も『…そうであれば…』って、永遠に続いて別れられない状況。究極の引き伸ばし。

この他にも、前に書いたテレビアニメの続き物。外国映画みたいに一回で終わらない。最近は外国映画でもシリーズ化して何作か作ることもありますが、基本は一回こっきり。日本映画も黒澤作品は一回づつ。しかし、いつのまにか続き物が主流になってアニメが台頭。映画もシリーズというか…ギネスに載ったのかな…、例の寅さん。いかにも引き伸ばし好きの日本人向けで、確か40作前後作ったような気がします。

 

日本人の場合、粘着気質といってもただの寂しがり屋じゃないかって思うんです。人が好きで自分にかまってほしくて、でも面と向かって言えないもんだから…。おもてなしも、謙譲語も、可愛いも…結局。だから送り手側は不断に引き伸ばし続けるんです。だって、みんな寂しがり屋だから。

真面目に考えないで下さいね。僕の独り言ですから。ただ、この考えに従って僕は、今日も漫画を描くんです。納豆から始まって漫画まで話が伸びました。

漫画あれこれ - にほんブログ村