hikonoir blog

漫画についてあれこれ

ワクワク

f:id:pigweed59:20210216113756j:plain

どうも…。

本日、お仕事おやすみでございます。昨日から札幌は雨が降っていました。今は止んでいますが、雪が溶けて路面が出てきました。春みたいです。

 

上のようにポーズが若干変わってます。まだ細部は描いてませんし、お化粧もまだです。ここからが楽しいんですよ。だんだんワクワクしてきますよ。

 

さて、また話は変わりますが、最近ずっと言ってるレプティリアンラケルタさんのインタビューから。

前回書いたブロックについて。人間は目に見える物しか研究して来なかった。見えるものが全て。見えないものは無視。存在しない。だから、見えない不思議な存在、現象は全てブロック。考えない。

原子や分子、宇宙の星々は研究するのに…。目に見えない何か…、そういう存在はあるかもしれない。でも、科学じゃない。非科学として語り繋がれる。

宇宙の生成。ビックバン?じゃあ、時間は?時間はあった?時間がないと爆発できませんし、空間、爆発の原料は?水素や窒素、ヘリウムなどの原子は何故最初からあるの?宇宙ができる前から無いと宇宙ができない。

未だに何ひとつ答えがない。そして最大の謎は、生命。何故生命があり、遺伝子がある?そのオリジナルはどこの何物?

 

ラケルタの言うことは、他の霊能者、預言者チャネラー、コンタクティなどのコメントとも共通しているところが多々あります。また、神話や民話、呪術、伝説といった文献や言い伝えにも似た部分があります。

僕はこのブロックされた思考をなんとか取り戻そうと模索しているだけです。ラケルタレプティリアンだと自分で言ってます。この時点で、すでに、バカバカしい戯言と片付ける人がいます。僕もそうですし、未だに確信ありません。ですが、話は馬鹿にしないで聞きます。

何億年も前から地球に住んでいて、爬虫類から進化したといってます。人間は宇宙人が遺伝子操作で創ったもの。ここで、自分の体の特徴を説明してます。目…瞳の大きさ、耳には蓋がついている…。口は、手は、胴体は…。かなり詳しいです。面白いです。女性なので人間のようにオッパイがあります。しかし、ヘソはありません。

 

ここで、下の閲覧者コメントには「この動画はウソで、作り話」などの指摘。まぁ、無理もありません。爬虫類は卵。哺乳類は胎児で母乳ですから。オッパイがあってヘソが無いとは矛盾していますから、ウソだというのは解ります。

解るというのは、自分で解る範囲内で解っているだけです。自分の解らない、知らないことは解らないんです。だからってウソと決めるのは、やはり…ブロックされてますね。

今のラケルタさんのオッパイとヘソですが、彼女達は母親の胎盤で子を宿すそうです。ですが、人間などの哺乳類とは違って、薄い卵のような殻というか、少し厚い膜のようなものの中に胎児はいるそうです。

ですから人間のような激痛はなく生むそうです。それで、前の体の説明で触れた手。

彼女達の手の指は5本ですが、中指の甲の付け根にツノが生えてるそうです。ちいさな尖った突起物です。生まれてきた胎児にもそれは生えてて、卵のような膜をそのツノで

破って出てくるそうです。

どうですか?面白いでしょう。人間の常識を遥かに凌ぐ情報。解らないのも当然。ラケルタさんによれば、彼等レプティリアンはこの太陽系に、火星、金星、土星…など5つの惑星に植民地コロニーをもっていて現在も使用している種族ですから。そんな種族の体の構造や遺伝子について我々が理解できる訳ありません。

 

こういう話をデタラメでかた付けてしまうと、面白い、ワクワクな思いを逃してしまいます。今、書いた「ワクワク」って、実は、結構、いろんな人が言ってます。例えば、古事記に出てくる漢字から…詳しくは説明しません、コンタクティの人も宇宙人達の争いとは別に、生命のおおもとにある神のような存在もそのようなワクワク感を楽しんでる…とか。

都市伝説、陰謀論、オカルト、霊能者、チャネラー…そういう怪しい人達も考えることは一緒。なんで生命はあるのか?肉体の死と魂は?そうすると、この「ワクワク」についついたよちゃうような…。

ちょっと何言ってるか解らなくなってきましたが、できるだけポジティブに明るく楽しく生きたいですよ。そのために「ワクワク」が必要なんですよ。多分…。

 

漫画あれこれ - にほんブログ村