hikonoir blog

漫画についてあれこれ

優しい

f:id:pigweed59:20201207220419j:plain

こんばんわ。

今日は、僕の親戚の叔母の通夜があり、行ってきました。漫画のテーマでもある転生、前世、霊魂、宇宙、人間…など、身近に感じますね。

 

人は、5~10個の前世を持ってるそうです。その記憶は魂に書き込まれてメモリーになってるそうです。次に転生するとしても、それはメモリとして収められているので、メモリを引き出す何らかの手段を用いない限り転生した本人も気づかない。自分が転生していることにも気付かない。つまり、しまったまま、しまったことすら忘れている状態。

でも、生まれ変わって2才までは前世を覚えてる場合が、わりとあるそうです。それで、ある女性が自分の子供に、試しに前世のことを覚えてるか尋ねてみました。…そう、まだ2才になってなかったので。

すると、その子(男の子)は『アイダホ州の白い犬』(アイダホだったかどうか曖昧です。でも、確かにアメリカの実際の州名を言ってました)と答えたそうです。

母親はびっくりして、何故生まれ変わったのか聞きました。すると、その子は飼い主の男がひどく暴力をふるうので嫌だった。ここから逃れられるならどこでも構わない…と、そう思って転生してきたんだそうです…。

常識的に考えて、2才未満の幼児がアメリカの州名を知っているとは考えにくいですよね。動物から人間に転生することもあるようです。すると、動物といってもいろいろいますよ。犬以外だと、像やキリン、馬、豚、鳥、魚…。これも、ある霊能者が言ってましたが、転生できるには脳幹がある動物に限られる…と。

 

ん~、なんでそんなこと解るんですかね。あと、人は生まれる時、母親の産道を通る時、ある特別なホルモンのシャワーを浴びるそうです。すると過去の記憶を一切忘れるんですって。

それでも、前世の記憶を持ってる人がいるんですね。それも地球以外の前世とか…。もうね、こういうの考えると楽しくって、でも、そうすると死は無くて永遠に生き続けることになるのでは?生きるとは、過去を、前世を忘れなければ生は繋がってるわけで人生なわけで…。

そのなかに自ら転生しない選択をする人。!、選択できるの?

他にも、共通する点があります。ある日気付くと、宇宙のどこかの空間にいて、雲のような隙間から下を覗くと地球が小さく見えて、自分は他の人(のような存在)と楽しく遊んでる。で、ある人に呼ばれて行くと、『では、今から自分の生まれる親を探しに地球にいって様子をみてきなさい』と、言われる。で、その時点で、地球か、他の星か選択できるとも言われます。

地球に親探しに空から降りてくると、小さい体になっていて背中に羽が生えてるそうです。それで、若い夫婦のところにやってきてどんな親なのか判断します。僕の聞いたところでは、『悲しそうな感じだから、励ましてやろうと思って』、『寂しそうなので…』っていうのがありました。

こいう話を聞いてると、日本人って性善説になるの解る。生まれる前から優しい…。

さて、これらの話を信じるとか信じないっていうことじゃなくて、素直にうけとめる。証明できないので、信じることはできない。証明できなくても、信じることはできる。

みなさんはどうでしょうか?

 

漫画あれこれ - にほんブログ村